着物初心者が着物ライフを楽しむための
アレコレ♪

着物ライフに必要な知識まとめました

HOME  > 

振袖(ふりそで)〜振袖にもいろいろ種類があるんだよ〜

袖の長い着物が振袖
振袖は未婚女性が着るもの

このくらいなら、現代の日本人でも知ってる常識ですよね

成人式で振袖を着る人が多いので、
もしかすると現代女性にとっては振袖が1番身近な着物かもしれません


現代では、振袖は未婚女性の第一礼装という位置づけです

今、売られている振袖のほとんどは礼装用(フォーマル用)ですが、
実はフォーマル度の低い振袖(普段用の振袖)もあるんですよ

いや、「あったんですよ」と言うべきかな?

着物を日常的に着ていた時代には、
独身の若い女の子が普段着に着るようの振袖がありました


では、振袖のフォーマル度は
どこでチェックすればいいのかというと・・・

1.振袖の袖の長さ

振袖には、大振袖、中振袖、小振袖という分類があります
袖の長さ(袖丈)による分類なので、わかりやすいですね

Wikipediaによりますと、
大振袖は袖丈114cm前後、中振袖は袖丈100cm前後、
小振袖は袖丈85cm前後とのことです

大振袖と中振袖はフォーマル用の振袖で、
小振袖がおしゃれ用の振袖です

ちなみに、小振袖は既婚者が着ても問題ないそうです
(普段着だから、おしゃれで長い袖の着物を着るのは自由ってこと)


袖の長さ以外では・・・

2.着物の柄

振袖のフォーマル度は着物の柄によっても変わってきます
柄っていうか、柄の入り方かな?(いや、柄も関係あるけど・・・)

着物には「格の高い柄」というのがあって、
そういう柄が入ってるとフォーマル度が上がるらしい・・・
でも、私がここで言いたいのはそういう事ではないです(笑)


私が言いたいのは、着物の柄の入り方
縫い目の部分で柄が途切れているか、つながっているか?です

縫い目で柄がつながっているのを絵羽といいます

縫い目で柄がつながってるなんて、よく考えてみればすごいことですよね

なので当然、縫い目の部分で柄がつながっているほうが
格が高い(フォーマル度が高い)です


絵羽によるフォーマル度判断方法は振袖だけでなく、
袖の短い(っていうか普通丈の)着物にも言えることです

っていうか、普通丈の着物は柄の入り方でフォーマル度が決まります

なので、柄の入り方によるフォーマル度判断基準を知りたい方は、
留袖訪問着付け下げ小紋なども参考になさってくださいね


普段用の振袖(小振袖)は、アンティーク着物などでよく見かけます

着物ライフをもっと早くはじめていれば、
そういうアンティーク振袖も堂々と楽しめたのにな〜と思っています(笑)

HOME

着物ライフはじめよう!

着物ライフをはじめたいけど・・・

着物の種類

着物の格による分類

Copyright©着物初心者が着物ライフを楽しむためのアレコレ♪ All Rights Reserved.