着物初心者が着物ライフを楽しむための
アレコレ♪

着物ライフに必要な知識まとめました

HOME  > 

留袖(とめそで)〜黒留袖と色留袖&留袖の見分け方〜

留袖(とめそで)は、既婚女性の第一礼装です

留袖には、黒留袖(くろとめそで)と色留袖(いろとめそで)があります
黒留袖と色留袖の違いは簡単で、地色が黒かその他の色かです

黒留袖と色留袖をわざわざ区別するのは、着るTPOが違うからです


黒留袖(くろとめそで)

既婚女性の礼装でもっとも格が高い(フォーマル度が高い)のが黒留袖です

黒留袖には通常、家紋を5つ入れます(五つ紋)
前の両胸に2ヶ所、後ろは背中の中心と両袖 あわせて3ヶ所

家紋は数が多く入るほど格が高くなり、五つ紋(いつつもん)が最高です

格の高い着物ほど着る機会が限られてしまうのですが、
黒留袖を着る機会もものすごく限られています

黒留袖は、結婚式などで招く側がきる着物です
主催者側がきる着物です

なので、自分の子供・孫の結婚式に着る場合がほとんどだと思います

親族の結婚式の場合、どのくらいの親族まで黒留袖を着るかは、
その土地の習慣などによっても変わってくるようですので、
親族間で話し合われてあわせるのがいいと思います

最近は仲人さんをたてた結婚式は減っていますが、
仲人をたてている場合は、仲人さんも黒留袖を着ます


黒留袖の見本・実例

 


色留袖(いろとめそで)

色留袖もかなり格の高い着物ですが、既婚女性の略礼装という位置づけらしいです

色留袖の場合は、家紋を入れる数で格を調整します

比較的幅広く着たい場合は、紋は1つにして、
しかも、染め紋ではなく縫い紋にするそうです

紋の数は、どんな時に着たいかで選びますが、
現代で色留袖を作る場合は、1つ紋で縫い紋にすることが多いそうです
(縫い紋の糸の色は、着物の色と同じ色にするそうです)

一方で、色留袖に五つ紋を入れると、黒留袖と同格になります

同格にはなりますが、見た目で黒留袖ではないのははっきりわかるので、
黒留袖に準じる立場、黒留袖の代わりという立場じゃないかと思います


色留袖の見本・実例

 


未婚女性の色留袖

色留袖は、未婚女性も着ることができます

「○十歳を過ぎたのに振袖なんて・・・」と気になる場合は、
色留袖(場合によっては訪問着)を着てもいいと思います

でも、私はたとえ○十歳でも堂々と振袖を着ていいと思いますけどね

まぁ私がいいと思ってもご本人がいいと思わなければ意味ないので、
気になる方は色留袖とか訪問着でも失礼にはあたりません
(結婚式の場合は格にはご注意ください)



留袖とは〜留袖の見分け方〜

着物の知識がない人にとっては、「留袖は既婚女性の第一礼装」とか言われても、
どういう着物が留袖というのかわかりませんよね

なので、着物を見た時に「これは留袖だ!」と判断するには
どこを見ればいいのかについて書きたいと思います


まず、留袖というのは裾にしか模様がありません

そして、縫い目の部分も柄がつながっています
これを「絵羽」と言います


↓この着物の写真を見てください

模様は裾の部分にしか入っていませんね?
(上のほうにある3つの丸いのは紋(家紋)です。柄じゃないです)

そして、裾の模様は右から左まできれいにつながって描かれていますね?

これが留袖です


正式には、留袖は比翼仕立てという仕立て方になるのですが、
最近では比翼仕立てにはせず、結婚式の時には重ね衿をつけることが多いようです
(色留袖の場合ですね。黒留袖は比翼仕立てで仕立てましょう)

比翼仕立てとは、衿・袖口・振り・裾だけに別の羽二重や一越縮緬の布をつけて
二枚着ているように見せる仕立て方のことです

比翼仕立てにしない留袖は、厳密には留袖でなくなり、
訪問着と同格になるそうです

どういう用途で色留袖を着るかにもよりますが、
きちんと格式が欲しい場合は、色留袖でも三つ紋以上で比翼仕立て(比翼の色は白)
あんまり格式ばって欲しくない場合は、一つ紋(縫い紋)で比翼仕立てにしない
というのが良いようです

HOME

着物ライフはじめよう!

着物ライフをはじめたいけど・・・

着物の種類

着物の格による分類

Copyright©着物初心者が着物ライフを楽しむためのアレコレ♪ All Rights Reserved.